忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
最新コメント
[03/22 watanabe]
最新トラックバック
(10/03)
プロフィール
HN:
白熊
年齢:
71
性別:
男性
誕生日:
1946/06/19
職業:
手打ちのそば屋
趣味:
料理づくりと食べること
自己紹介:
戌年の64歳のわがまま、自己中のおじさんです。
東豊線新道東駅徒歩3分の自宅を改装、手打ち蕎麦屋を開業し8月で満5年になります。
地場産品応援の店として「緑提灯」を掲げております。
モットーは「結果は努力に比例する」何事も手を抜かず一生懸命やる事といつも正直でありたいこと。
藪忠の店名について
店名の「藪忠」は藪そばの藪とまだまだ腕が「やぶ」と
名前の忠雄の忠をとって命名しました。
バーコード
ブログ内検索
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]
 

手打ちそば処 薮忠のわがままブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


藪忠のお客様にも痛風の方がおり、ビールは飲まず焼酎でボチボチやっている方がおります。プリン体とは、動植物の細胞の核や染色体の中にある、遺伝に関わる核酸という物質の成分だそうでプリン体は食事から摂りこまれるだけではなく、新陳代謝によっても産生されるようです。そして、肝臓で代謝されて尿酸となる。食生活と深い関わりのある痛風は、血液中に「尿酸」という物質が増えてしまうことによって起こり、健康なときには液体に溶けた形で存在しているが、これが過剰に増えてしまうと針状の結晶になって体のいろいろな場所に沈着する。とくに関節などに沈着した場合に激しい痛風発作を起こすのとの事です。一昔前までは、痛風は「ぜいたく病」とも言われたように、美食や大酒が関係した病気であり、毎晩のように晩餐会を開いてぜいたくをした上流階級の人がかかる特別な病気だと考えられていた。しかし、最近では食生活が変化し、ごく一般的な病気へと変わってきたおります。
高尿酸血症、痛風患者のアルコール適量の目安は酒類別ウイスキーならダブル1杯程度、日本酒なら1合、ビール中瓶1本、焼酎お湯割り1杯、ワインはグラス2杯程度。そばをおいしく食べるのには、そこらへんが適量でしょ。
PR

COMMENTS
COMMENT FORM
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字PASS
COMMENT
TRACKBACKS
TRACKBACK URL